特別登録料の総額を、1着から3着までの馬に対し、7・2・1の割合で配分した賞金。競馬法により中央競馬会は300万円以下の特別登録料を徴収することができる。地方競馬にはこの制度はない。