馬銜(はみ)とは、馬の口に噛ませる棒状の金具である。馬の口には前に12本の切歯があり、切歯のうしろはかなり広い歯のない部分があり、その奥に臼歯(奥歯)が並んでいて、ちょうどこの歯のない部分に馬銜をかける。
騎手の手綱さばきはこぶしから手綱を通じて馬銜に伝えられ、馬を意のままに動かすことができる。