若い新人騎手は、ベテラン騎手に比べると技術不足の為、同一条件で競走した場合、不利になってしまう。そこでこういう騎手に騎乗機会を多く与え、育成を図るために、免許の通算取得期間が5年未満であって、勝利度数が100回以下の騎手(見習騎手)に減量制度がとられている。そのことから、減量騎手とも呼ぶ。
騎手の通算勝利度数により負担重量が変更される。

30勝以下 3kg減
31勝〜50勝 2kg減
51勝〜100勝 1kg減