中央競馬では、レースの公正確保を最重要業務のひとつとし、競走馬の入厩から、レース終了後の理化学検査まで、厳重なチェック体制をとっている。裁決業務をはじめ、
(1)競走当日の装鞍所における馬体検査、装蹄検査
(2)騎手の前検量、後検量 
(3)レース中のパトロールタワーからの競走監視 (
4)禁止薬物使用の有無を調べる理化学検査、などが主たるチェック項目として挙げられる。