馬のケガの名称であり、もっともやっかいケガ。
前肢に多く発症する。肢勢、打撲、走行中に大きな負荷がかかることなどにより屈腱に刺激が加わると炎症を起こし、完治しても再発がしやすい。