ヴェルテアシャフトが余裕の勝利でデビュー

阪神芝2000mで、評価馬ヴェルテアシャフトが余裕のデビュー戦を勝利で飾った。
レースは逃げを選択。
これは逃げたというよいも相手レベルが低く、押し出されるように先頭に立ったと見ていいだろう。

勝ちタイムこそ、そこまで早くないが、堂々の勝利で、デビュー戦終えましたね。
パドックから1頭、馬体が素晴らしく、これはさすがの評価馬だなと思っていていましたが、レースでも危なげなく勝利を収めました。

距離は長い方が良さそうであの落ち着きなら、菊花賞でも楽しみな1頭って感じですね。
明らかに皐月賞向きの馬ではないので、大事に育ててもらっていいローテションで上を目指して欲しいですね。
来年G1で人気するような馬になると思います。


マルイニイチオシのオブセッションがレコード決着で勝利!

マルイニイチオシのオブセッションがレコード決着でシクラメン賞を制しました。
2歳日本レコード更新で、圧巻の競馬でした。
この馬はデビュー前から追いかけていて、正直来年のダービー馬はこの馬だろうと思っていた矢先のレコード勝利だったので、ちょっと確信に変わったかもしれません。笑
まだまだワグネリアンの株が高いですが、将来性は必ずこちらだと思います。
この馬はまだ馬体が完成されていません。まじめに走っていません。
本当によくなるのは3歳秋を越えてからだと思いますが、この先、競馬界を盛り上げてくれる1頭になると思っています。
この馬の場合は、距離が1800m〜2400mが限界だと思います。
リアルスティールぐらいの距離範囲になると思います。
クラシック戦線ではダービー馬候補ですね。