12月27日大井競馬場、12月28日中山競馬場で行う「2017ヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド」に出場するJRA代表騎手7名および地方競馬代表騎手7名が決定しました。

ヤングジョッキーズシリーズって何?

ヤングジョッキーシリーズは2017年から開設されたその名の通り「若手騎手」の大会です。
地方競馬、JRAの若手ジョッキーが1年間通して数レース競い各レース毎にポイントが加算され、最終的に暮れの12月に行われるファイナルラウンドを目指す大会になっています。

各地方競馬場において全11ラウンド行われた「トライアルラウンド」で好成績を収めた騎手のみファイナルラウンドへの出場の切符を手に入れます。

毎年夏に開催される、ワールドオールスタージョッキーの若手騎手バージョンと思っていただければいいでしょう。

ファイナルラウンド当日は2017年から格上げになったホープルフルステークス当日になったりと、普段若手騎手が味わえない、観客・観衆の中でファイナルラウンドが行われます。

気になる出場可能条件は?

出場可能ジョッキーは以下の通りです。

引用元:
①  地方競馬所属騎手については、平成29年4月1日時点で所属主催者から勝利度数及び初免許取得後の年数による負担重量の減量を受けている騎手とします。
②  JRA所属騎手については、平成29年4月1日時点における見習騎手とします。

・2017ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド出場騎手

【JRA代表騎手】
(東日本地区)
藤田 菜七子 (美浦) 東日本地区1位
菊沢 一樹 (美浦) 東日本地区2位
木幡 育也 (美浦) 東日本地区3位

(西日本地区)
森 裕太朗 (栗東) (西日本地区1位)JRA最上位
岩崎  翼 (栗東) 西日本地区2位
小崎 綾也 (栗東) 西日本地区3位
荻野  極 (栗東) 西日本地区4位

【地方競馬代表騎手】
(東日本地区)
臼井 健太郎 (船橋) (南関東ブロック1位)東日本地区最上位
鈴木  祐 (岩手) 北海道・東北ブロック1位
保園 翔也 (浦和) 南関東ブロック2位
中越 琉世 (川崎) 南関東ブロック3位
(西日本地区)
渡邊 竜也 (笠松) 西日本地区1位
加藤 聡一 (愛知) 西日本地区2位
栗原 大河 (金沢) 西日本地区3位