2017年高松宮記念予想・展望

2017年3月26日に中京競馬場で高松宮記念が開催される。
2017円最初の芝G1が開催される。去年の勝ち馬ビッグアーサーは出走回避になったが、スプリンターズカップの覇者レッドファルクスなどが出生する。なお、外国からの参戦馬はいない

大混戦ムードのスプリントG1

絶対的王者不在のスプリント界。
今年は大混戦間違いなし。昨年は固い馬券に終わったが、今年は荒れることも予想される。
ここで予想オッズを紹介する。

高松宮記念予想オッズ順

レッドファルクス
メラグラーナ
レッツゴードンキ
シュウジ
ソルヴェイグ
セイウンコウセイ
ヒルノデイバロー
ナックビーナス
フィエロ
ワンスインナムーン
トーキングドラム
スノードラゴン
クリスマス
ラインスピリット
バクシンテイオー
ティーハーフ
トウショウピスト
レッドアリオン

1番人気は去年のスプリンターズステークス覇者レッドファルクスになるだろう。
暮れの香港スプリントでは惨敗に終わっているが、中京コースは得意コースでもあり成績は4.1.0.0
連対率100%で、鞍上は大舞台には欠かせないM.デムーロ騎手。
こうなると1番人気は必須かもしれない。

2番人気以降は混戦ムードだ。レッツゴードンキやメラグラーナなどは前走快勝しているが、
その他人気になりそうな馬は前走惨敗している。
逆に陣営が「メンバーが手薄」と感じているようで、急遽出走表明する厩舎が多数。
混戦は間違いないだろう。

昨年はこの週レースレコードが多発する超高速馬場となった為、当日の馬場見極めも大事になるだろう。中京コースは基本的にパワータイプの馬が好走する。長く脚の使える持久力のあるスピードタイプを狙うのが吉となるだろう。