2017年フェブラリーステークス出走予定馬

  • グレンツェント 出走回避で帝王賞へ
  • コパノリッキー 武豊
  • ノンコノユメ C.ルメール
  • モーニン R.ムーア
  • カフジテイク 福永
  • ベストウォーリア 戸崎
  • ゴールドドリーム M.デムーロ
  • レッツゴードンキ 岩田
  • アスカノロマン 和田
  • ロワジャルダン 浜中
  • ニシケンモノノフ 横山典
  • インカンテーション 藤岡康
  • デニムアンドルビー 吉田隼
  • モルトベーネ
  • カゼノコ
  • ピオネロ  アルデバランSかフェブラリー

カフジテイク


カフジテイクは、前走根岸ステークスで快勝。スタートは後手を踏むも、最後の直線では大外に持ち出し、他馬を寄せ付ける事なく、ベストウォーリアに1馬身差つけて勝利。上がり3Fのタイムは破格の34.5秒で上がり勝負のフェブラリーステークスでも十分通用する。
不安要素はスタートがあまり上手ではなく、東京1600mは芝スタートだけに出遅れるとどうか。ただ末脚は確実だろう。鞍上も前走初コンビの福永騎手となり、スタートの上手い乗り役の為、少しは不安要素は解消か。

コパノリッキー


前走の東京大賞典は、この馬にとって厳しいレース展開だった為、度外視していいだろう。去年の本レースはいつもの競馬ができず好位追走となってしまった。鞍上は現在、絶好調の武豊とコンビ再結成し、どこまで巻き返せれるか。