有馬記念の混雑は必須!うまく見る為の前日からの注意点

競馬初心者の方でも聞いた事があるだろう。
「有馬記念だけ馬券を購入した事がある」よく耳にするフレーズです。
有馬記念は毎年12月下旬に中山競馬場で開催されます。
早速注意点や過去情報をご紹介します。

中山競馬場アクセス情報

  • JR西船橋駅からバスで約15分、徒歩で約30分。
  • JR船橋法典駅から専用地下道(ナッキーモール・動く歩道設置)で徒歩約10分。

    ※専用地下道(ナッキーモール)の通行可能時間は、開門~17:20です。
    なお、JR船橋法典駅の臨時改札口は8:00から17:30まで開設されます。

  • 京成東中山駅からはバスで約10分、徒歩で約20分。

    ※駐車場の数には限りがあります。開催日は周辺の道路も混雑しますので、公共交通のご利用をおすすめします。

    中山競馬場は船橋市にある中央競馬の競馬場で最寄駅の船橋法典駅から地下道でつながっている。

中山競馬場アクセス

有馬記念は例外!開門時間は7時前後が基本!

基本的に開門時間(競馬場に入れる時間の事です。)は9時ですが、有馬記念の開門時間は例外!7時30分には開門する事が多いので、開門ダッシュを狙う方は、始発の電車に乗るか、前泊は必須でしょう。
すでに1レースが始まるぐらいには、ほぼ満員状態になります。

パドックを見るならレース観戦は困難レベルの混雑

はっきり言って有馬記念当日はパドックを見てからレースを見に行こうとする事は指定席確保以外、困難です。まずパドックには人が多すぎます。
そこから本馬場に移動するには、かなり大変な事で、パドックを見るならレースを見るのは諦めた方がいいレベルです。お子様連れの方は十分注意しましょう。
レース観戦の為に来場する方は、退屈ですが、本馬場付近で待機する事が鉄則です。
馬券販売も混雑が必須。馬券購入はネットでするのが正しい選択と言えるでしょう。

1 2 3